葬儀の場合の悩みについて

葬儀の場合にはいろいろ悩むこともあるのではないでしょうか。
ここでは、私の経験もふまえて、葬儀の場合の悩みについて見ていきたいと思います。

お寺の格式や立地、種類や規模などによって、納骨堂を利用する場合の費用は非常に違ってきます。
そのため、一律に費用の相場を出すのは非常に困難です。
一般の墓地のお墓とは異なって、ローカー型や仏壇型、棚型などいろいろな形状があります。
永代供養の場合の費用としては、一人用の場合には50万円程度、家族用の場合には100万円程度が一般的なものと言えるでしょう。

当然ですが、この費用よりも高くなることもあり、400万円程度するような納骨堂もあります。
また、年間の管理料が費用の中に含まれていたり、含まれていなかったりすることがあるため注意しましょう。
基本的に納骨堂はお金を払って買うのではなく、使う権利を一定期間得るものです。このことについても十分に把握しておきましょう。

また、墓石を墓地に立てる場合には、3つの費用が一般的にかかります。
永代使用料が1つ目のものです。
永代使用料というのは、代々にわたってその土地を使う権利を得るために必要なものです。

そのため、土地を売ることはできません。
墓石を立てる費用が二つ目のものです。墓石を買ってから工事するまでに必要なお金です。

管理費が三つ目のものです。共有の土地の管理や清掃に必要なものです。

このような全ての費用を合計すると200万円〜300万円程度になります。
お墓と納骨堂の違いは、墓石があるかどうかです。100万円以上が墓石の費用の相場であるため、これのみでも費用に大きな違いが生じます。お墓や納骨堂というのは、終の棲家にいずれはなる大事なところです。
判断を費用のみで行わないで十分に考えましょう。